宅建の難易度や合格率は?日建学院のコースと日程・学費も!

宅建の難易度や合格率は?日建学院のコースと日程・学費はも

宅地建物取引士(宅建)の資格・知識は不動産や金融、建設の分野で求められているだけでなく、特定の受験資格が必要ないため家を売ったり買ったりすることを考えている方など一般の人にとっても人気の資格です。

今回は宅建の難易度や合格率、日建学院島田校で受講できるコースについて見ていきましょう。

  • 宅建のメリット
  • 宅建の難易度・合格率等
  • 日建学院のコースや日程・学費

宅建のメリットとは

takken01
不動産業者の事務所には、宅地建物取引士を従事者5人に1人以上の割合で置かなければならないと定められているうように、不動産取引を行うには、宅建の有資格者の存在が不可欠なんです。


しかも、有資格者が退職し、その数を満たさない場合は2週間以内に補充するなどしないと業務停止処分になるという厳しい法律があります。


常に企業から求められているし、企業は有資格者を欲しているという現実があるんですね。


つまり、即戦力として働くことができることが宅建のメリットと言えます。


また、不動産業者で働く場合ではなくても、これから相続した家を売りたいとか、賃貸アパートから土地を買って家を建てる・あるいは建売住宅を買うという場合にも不動産についての高い知識を学ぶことで土地や建物の取引を不安なく進められるというメリットもあるんです。

宅建の難易度や合格率

宅建は取得が非常に難しい資格で、合格率も低いです。


難易度的には、国家資格の中でも真ん中にランキングされる二級建築士や通関士、教職員採用試験、刑務官などと同等です。


フランス語・中国語検定2級とも同じランクだとされています。


軽い気持ちで受けてみようと思う方が多いようですが、合格率は15%~17%です。


ほとんど不合格になってしまいます。


宅建の合格率や合格点を10年間まとめたサイトがありますので参照してみてください。


参考サイトのリンク
宅建の合格率・難易度は(10年分まとめ表あり)

宅建の日建学院コースごとの日程・学費など

日建学院で受講できる宅建のコース一覧です。

スーパー本科コース
本科コースに早期対策講座」「要点解説講義」「ズバリ解説」のフルオプションをセット。早めのスタートを切って万全の準備を整えられるプレミアムコースです。
11月~3月下旬:早期対策
3月下旬:本科開講
9月下旬:直前攻略
<受講料>
一般=250,000円(税別)
学生=130,000円(税別)
本科コース
6ヶ月で基礎から応用まで段階的に学習ができるスタンダードコースです。合格に必要な知識を着実にインプットし、合格力を身につけます。
3月下旬:開講 <受講料>
一般=200,000円(税別)
学生=100,000円(税別)
短期集中コース
受験対策に欠かすことの出来ない科目ごとの重要ポイントを集約した短期コースです。本試験に挑む万全の体制を整えます。
6月中旬:開講 <受講料>
一般=150,000円(税別)
学生=80,000円(税別)
直前対策コース
本試験直前の対策として、答案演習により着実な知識を身に付けるコースです。インプットとアウトプットの繰り返しで、実践力を養います。
8月下旬:開講 <受講料>
100,000円(税別)
直前攻略コース
本試験直前3週間のラストスパートコースです。模擬試験と解説講義の繰り返しによって、本試験への総仕上げを行います。
9月下旬:開講 <受講料>
50,000円(税別)
Webコース
基礎から実践的な答案演習まで、動画を中心に構成されたWeb講義。自分の理解度に合わせ、いつでも何度でも反復が可能です。
2月中旬~本試験前日まで <受講料>
一般=100,000円(税別)
学生=80,000円(税別)
通信合格コース
本科コースと同じテキストを使用する通信コースです。どうしても通学が難しい方、限られた時間を有効活用したい方におすすめです。
2月中旬:開講 <受講料>
38,000円(税別)


各コースとも、「ズバリ解説」が30,000円で受けられます(オプション)
スーパー本科コースには「ズバリ解説」がセットになっています。


いかがでしたでしょうか?


各々のスケジュールに応じて、日建学院の宅建各コースを活用してぜひ合格を目指してください。


日建学院島田校では宅建の無料ガイダンスを火曜日と木曜日の19:00から随時開催しています。

参加には事前予約が必要ですので、お問い合わせフォームからご連絡いただくか、電話でも対応できます。

宅建の講座について問い合わせる「お問い合わせフォーム」

〒427-0011
静岡県島田市東町1956-15
日建学院島田校
担当 杉本恵介
TEL:0547-54-4456
FAX:0547-54-4457

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする